平成27年度の桑の植え付け  長島教授と東京農大生が参加 (2015.5.23)

平成27年度の南アルプス・シルク・ファームの
桑の植え付けが長島教授の指導のもと、
約30名の東京農大生が参加して行われました。


最初に、長島教授から農大生に本日の予定と、
植え付けにあたっての指示がありました。


今日のイベントを推進する
南アルプス・シルク・ファームのユニフォームです。
背中に入れたシルク・ファームの文字が格好良いです。
植え付けについての説明が始まりました。
地元ローカル局のテレビも来ました。
農大生は何か楽しそうです。
畑に空けた穴に2本づつ、桑の苗が植えられていきます。
シルク・ファームのメンバーが細かくフォローしています。
苗の周りを踏み固めています。
このあとに、切り口に雑菌防止のクリームを塗って完了です。
長島教授が最終チェックしています。
学生たちの笑顔は自信の現れでしょうか?
それとも、笑ってパスしようとしているのでしょうか?
みんな楽しそうです。
学生パワーを結集して、この畑の植え付けが完了しました。
本当にお疲れ様でした。